男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

錠剤とカプセル
  • ホーム
  • 頭皮のかゆみを引き起こす生活習慣とは

頭皮のかゆみを引き起こす生活習慣とは

頭皮のかゆみは生活習慣の乱れと関係があることがよくあります。
たとえばストレスや睡眠不足が多い生活がその一例です。毎日そのような状態で生活していると、過剰に皮脂が分泌されて頭皮が炎症を起こし、かゆみを引き起こします。
かゆみがおきると、そこでまた頭皮をかきむしってさらに炎症が起きるという悪循環になります。
ストレスや睡眠不足は早めに改善して頭皮を健全な状態に維持することが大切です。

また、脂肪や塩分、刺激物の多い食事も頭皮の皮脂の分泌を増加させて頭皮の環境を悪化させます。
かゆみのない健やかな皮膚を保つためには、刺激物の多い食事をなるべく避け、栄養バランスの整ったヘルシーな食事を取るように心掛けたいものです。
常に頭皮のかゆみに悩まされている人は、一度三食の食事の栄養バランスが適正かどうか見直してみる必要があります。

また過剰なアルコールも同様に頭皮の炎症の原因となることがあります。
アルコールを多量に摂取すると、肝臓はアルコールの分解で忙しくなるので、体内に栄養を十分に送り届けることができにくくなります。

特に頭皮を健やかに保つのに必要なビタミンB2やB6が不足しがちになります。
ビタミン類が不足すると、頭皮の皮脂の分泌量が増えて毛穴が詰まってしまいます。
毛穴が詰まるとそこから老廃物がスムーズに流れなくなり、皮脂の酸化が起こります。
酸化した皮膚は炎症を起こし、頭皮がかゆい状態を引き起こしたり、悪臭を放つ原因になることもあります。

また、髪の毛の洗い方に問題がある場合もあります。
洗いすぎると、皮膚を健やかに保つために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
すると、不足分を補おうとして皮脂が過剰に分泌されるようになり頭皮の毛穴が詰まったり、悪臭が発生したりします。
同様に洗い方が雑な人も頭皮の環境を悪化させます。
頭皮のかゆみに悩んでいる人は、生活習慣の見直しをすることで頭皮の状態を健康な状態に変えていくことができます。

頭皮のかゆみは薬局にある薬のみで治せるか

もしも頭皮のかゆみが軽い状態であれば、薬局にある薬のみで治せる場合もあります。
特に忙しくて病院に行く時間がないひとや、病院に行くのが苦手でセルフケアで何とか治したいと思っている人は、薬局の薬のみでかゆみを治せる場合もあります。

薬局にはかゆみをおこす物質を抑える抗ヒスタミン薬や、炎症や湿疹を鎮静化するステロイド外用薬などが市販されています。
かゆみの状態が軽く、炎症や湿疹もそれほどひどくなければ薬局にある薬のみで治せる場合もあります。
しかし、頭皮の炎症やかゆみが激しく、フケもひどい場合には皮膚科の薬が必要になります。
薬局の薬を使い続けていても一向に改善に向かわない場合やフケがますますひどくなる場合には、早めにセルフケアを止めて病院にいくことをおすすめします。
放置したり自己判断で治療を続けると、ますます悪化して重度の皮膚炎を起こすことがあります。

特に、原因が真菌というカビの一種であった場合には、薬局の薬のみでは治すことができません。
真菌が原因の頭皮のかゆみを放置しておくと、慢性化して治療に時間がかかったり、いったん治っても再発を繰り返すようになってしまいます。

皮膚科では、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤などの塗り薬や飲み薬を処方してくれます。
ほかに皮脂の分泌を抑えるためにビタミン剤の内服薬も処方されることがあります。
病院では、個人の皮膚の状態にあった内服薬や外用薬を処方してくれるのでセルフケアよりも早く回復が期待できます。

またシャンプーが原因の場合も、病院で相談すれば刺激が少ないシャンプーを紹介してくれます。
病院の薬と合わせて、生活習慣の見直しを行えば頭皮のかゆみも治癒にむかうはずです。

関連記事