男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

錠剤とカプセル
  • ホーム
  • 自分が薄毛になる原因を洗い出してみよう

自分が薄毛になる原因を洗い出してみよう

毛の性質や生え方は人によって異なり、遺伝します。そのため薄毛も遺伝する傾向があります。
だからといって、遺伝だけがすべての原因ではありません。薄毛の原因には、生活習慣も大きく関係しています。
そのため薄毛の原因を探り、日ごろの生活を見直すことで、薄毛対策につなげることが可能となります。

まず薄毛の原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れです。
睡眠不足やストレスによりホルモンのバランスが崩れると、髪の毛周期が早まります。
すると髪が十分に育たないまま抜けるようになってしまいます。
特に毛周期を早める酵素が生み出されることによって生じる男性型脱毛症は、男性ホルモンの過剰分泌が大きく影響しています。

さらに、髪が成長するためには成長ホルモンも重要となります。
成長ホルモンは睡眠中に分泌され、身体の成長とダメージを受けた部分の修復に働きます。
しかし睡眠時間が少ない場合、成長ホルモンは必ず修復しなければいけない部分から優先的に働きかけます。
髪の毛は生存には深く関わらない部分であるため、成長ホルモンは後回しになってしまいます。
すると髪の毛が十分に成長できなくなってしまいます。

次に薄毛の原因として挙げられるのが、頭皮環境の悪化です。
紫外線や頭皮の洗いすぎにより頭皮がダメージを受けると、皮脂が過剰分泌されたり、古い角質が残るようになってしまいます。
すると皮脂や古い角質が毛穴をふさぎ、髪の毛の成長を妨げることがあります。
なお、皮脂の過剰分泌は脂肪分の摂りすぎによっても起こります。

そして薄毛の原因として重要なものに、血行不良と栄養不足が挙げられます。
髪の毛が成長するためには栄養が必要です。しかし血流が悪い場合、髪の毛にまで栄養を行きわたらせることができなくなります。
また、偏った食生活により栄養が不足している場合、本当に必要な部分に優先的に栄養が行きます。
すると生存にあまり関係のない髪の毛まで栄養が回らず、髪の毛が栄養不足の状態になってしまいます。

このように薄毛になる原因は遺伝だけでなく、ホルモンバランス・頭皮環境・血行不良・栄養不足などが挙げられます。
そしてこれらの原因は、生活習慣と深く関わっています。
生活習慣を見直し、これらの原因を取り除くことで薄毛対策につなげることができます。

栄養不足が原因なら食べもので薄毛を治せるかも?!

偏った食生活により栄養不足に陥ると、身体は本当に必要な部分に栄養を優先的に回そうとします。
すると髪の毛は生きるために絶対必要というわけではないため、栄養は後回しになってしまいます。
そうなると髪の毛は栄養不足に陥り、十分に成長することができなくなってしまいます。

栄養不足が薄毛の原因の場合、髪の毛にまで十分に栄養が行きわたる様、栄養を十分に摂ることが改善策となります。
そこで重要となるのが、食べものです。
髪の毛の成長に必要な栄養を含んだ食べものを積極的に摂ることで、薄毛の改善につなげることができます。

さて、薄毛に良い食べものとして代表的なモノに、「わかめ」が挙げられます。
わかめには栄養を吸収しやすくするナトリウムが豊富に含まれています。
一方、ナトリウムは多すぎると高血圧になってしまいます。
わかめをはじめとする海藻には、ナトリウムによる高血圧を防ぐカリウムも豊富に含まれています。
そしてわかめには他にも、ストレスの軽減に役立つカルシウムや、タンパク質の合成に働くマグネシウムなど、様々なミネラルが含まれています。

ただし、わかめをたくさん食べれば薄毛が改善される、というわけではありません。
髪の毛はタンパク質から作られるため、まずはタンパク質を摂取することが重要となります。
一方、わかめ等に含まれるミネラルは、タンパク質が髪の毛に変わる手助けをします。
タンパク質とミネラルを一緒に摂ることではじめて、髪の毛の成長を促すことができるのです。

また、ミネラルは血流を整える働きもします。
どんなに栄養を摂取しても、血流が悪いと栄養を髪の毛まで十分に運ぶことができなくなってしまいます。
そのため、薄毛の改善のためには特定の食べものだけではなく、様々な食べものをバランス良く摂ることが重要です。

関連記事