男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

錠剤とカプセル

女性の薄毛治療法

女性の薄毛は、適切な治療を行うことで改善が期待できます。
自分にあった治療法を見つけるためにも、薄毛の原因を知ることが大切です。
間違った方法を続けていると悪化してしまう可能性が高まりますので、自己流の治療を行っている場合には中止しましょう。

女性の薄毛には、主にびまん性脱毛症や、分娩後脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛などがあげられます。
一番多くみられるのは、びまん性脱毛症で、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。
髪の毛のボリュームが少なくなり、頭頂部や分け目などが透けて見えてしまう症状が主です。
原因は複合的なものが多いとされており、過度なダイエットやストレス、生活習慣病などがあげられます。

また、ヘアケアが原因となる場合もあります。
シャンプーの洗い残しやドライヤーの熱風を頭皮に当てすぎることが原因となる場合もあります。
治療には、薬を服用する場合があり、抜け毛を改善して発毛を促す期待がもてます。

クリニックで処方される薬です。一般的に、長期服用をする必要があります。
同じ薬を使って治療を行う場合でも、クリニックによって、値段が変わる場合が多くありますので、幾つかのクリニックを比較してみるのもよいでしょう。
また、服用する薬の他に、薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンの生成を防ぐ塗り薬も治療に使われる場合があります。
薄毛の部分に直接指先で塗りこみます。薄毛の進行をおさえる効果が期待できます。

さらに、頭皮に直接成長因子を注入する治療方法も存在しています。
毛髪の成長期を維持するものや、毛母細胞の増加を促進させるもの、頭皮の血管の新生の作用などが期待でき、発毛にはたらきかけます。
頭皮に注入するタイプが一般的です。

細胞を活性化させることができ、休止期の期間を短くするようにはたらきかけます。
成長因子を注入する方法は、一般的に副作用がなく、安心して治療を受けることができる方法です。
出産が原因でおこる薄毛の症状は、出産による女性ホルモンの変化によるものが大きな原因となっているため、出産後、半年から一年ほどで元に戻る場合が一般的です。

妊娠、出産の際は薄毛治療を中止すべき?

分娩後脱毛症で薄毛になっている場合には、ホルモンバランスが正常に整うことで改善がみられますが、女性の薄毛は、回復に至るまでに長い期間がかかる場合や、高齢などで体力の回復力が低下している場合には完治をするのが難しいこともあります。
また、産後のストレスで脱毛症を発症するおそれもあるため、薄毛に気になった場合にはクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。
服用する薬によっては、妊娠、出産の際に胎児に悪影響をおよぼすものもありますので、女性の薄毛は自己判断で治療をするのはさけましょう。

妊娠をしている場合には、皮膚からの薬剤吸収も避けることが大切ですので、胎児に影響のある薬などを服用したり、塗布している場合には使用を中止しましょう。
クリニックでは、妊娠、出産を控えた女性へ向けての薄毛治療は胎児に影響のない外用液が処方されます。
また、薄毛治療を行っている間、産後太りを改善するためにダイエットを行う場合には、過度に行わないようにしましょう。
頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、薄毛の原因となります。
出産後は授乳の時間を調整するなど、生活リズムを作り、規則正しく生活を送ることがポイントです。

また、イソフラボンを意識的に摂取するのもおすすめです。乱れたホルモンバランスを整える期待がもてます。
また、妊娠中は特に新陳代謝がよくなるため、フケや汚れが頭皮にたまりやすくなります。
頭皮環境を整えるために育毛剤を使ってケアを行うことをおすすめしますが、妊婦でも使える育毛剤を使用することが大切です。

薄毛の治療を妊娠前に行っていた場合には、医師に妊娠中でも使用することができる製品を紹介してもらうとよいでしょう。薬剤師に相談するのもおすすめです。
抜け毛を気にしすぎると、ストレスがたまり、余計に薄毛を促進してしまう可能性が高まりますので、リラックスする時間などを積極的に作ることをおすすめします。

関連記事