男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

錠剤とカプセル
お知らせ
    髪に悩む男性

    ミノキシジルは、育毛剤に使用される成分のことです。
    抜けてしまった髪を元の状態に戻したいと考えている人にとって大いなる味方となり特に初期脱毛やM字ハゲにおいては、ミノキシジルを使用した医薬品を利用することで改善に導きやすくなります。
    効果のメカニズムについてもしっかりと把握してまずは継続していくことが大事です。
    また、副作用の把握や用法用量をきちんと守ることが求められることもいえるでしょう。

    ミノキシジルの効果のメカニズム

    ミノキシジルの効果のメカニズムについては、まずこの成分が入ると毛細血管を拡張して血行を良くする働きがあります。
    そしてそのことにより発毛や育毛を促進させることが可能です。
    これは血の流れに乗って多くの育毛成分が毛乳頭と呼ばれる部分に運ばれるようになるためで、通う血の量が多くなるほどに髪を組み立てるための材料が揃います。

    髪の成長には毛母細胞が分裂することによって行われるようになります。
    そして髪を構成する部分の一つである毛包部分から成分を受け取って、これを動力源として細胞分裂を続けることでどんどん伸びて髪の毛となります。
    血行が滞っている状態では、この毛母細胞の分裂もうまくいかなくなり髪が生えてきても薄毛や脱毛状態になります。

    ミノキシジルは、今成長中の髪の毛とこれから生えようとする髪の毛に対して作用する性質を持ちますが髪の毛に対し直接的な作用をするわけではないことを留意します。
    あくまで髪の毛の成長のアシストを行ってくれる成分であることを理解しておきましょう。

    髪が伸びてくるにあたっては毛の一本ごとにターンオーバーがきちんと決められているため育毛剤を使用してすぐに効果が出てくるわけではありません。
    ただ継続して服用し続けることによって、毛髪を元の状態へと改善することができやすくなります。
    特に初期脱毛の段階のうちにミノキシジルを配合する育毛剤などを使用することにより健康な髪を取り戻すまでの期間を短くすることが可能となります。

    効果が出るまでの期間については、個人差がありますが早ければ継続して使用してから2ヶ月くらいで効き目が現れるようになるため根気強く取り組みましょう。
    一般的には、4ヶ月から5ヶ月くらいの期間服用すると効果が出てくるようになるでしょう。
    ただ、人によっては効き目がなく別の原因で脱毛症を引き起こしているケースもありますので半年の期間を目安にして治療に取り組むと良いといわれています。

    ミノキシジルには塗って使用する外用タイプのものと内服タイプがありますが、どちらも効果が出てくるまでの期間についてはほとんど同じというデータがあります。
    ただ、効果の大きさという点では内服タイプのほうがより大きく作用しやすいです。
    その代わり、副作用の面でも強めに出てくる傾向がありますのでこの点は充分に注意したほうが良いでしょう。
    また、ミノキシジルとプロペシアは併用をすると相性がいいと言われています。

    ミノキシジルが含まれた医薬品一覧

    ミノキシジルが含まれている医薬品を挙げていくとリアップ・ロゲイン・ロニテン・ポラリスNR08などが挙げられます。
    いずれも高い発毛効果が認められている医薬品ばかりであり、人気が高いことから一般的にも用いられています。

    日本国内で人気がある医薬品にはリアップがありますが、海外ではミノキシジルタブレットやポラリスNR08の知名度があり愛用者がたくさんいます。
    また、ロゲインは世界で初めてのミノキシジルを配合する医薬品として長い歴史がありこちらも人気が高いです。

    これらの医薬品のジェネリック医薬品についてはありますが国内で認可されたミノキシジルのジェネリックがないためもしも入手するのであれば海外から輸入することとなります。
    そもそも、日本国内で発毛薬として承認されているミノキシジルについては外用薬のみとなっており内服薬についてはジェネリック医薬品そのものが認可されていません。

    内服薬については、国内で承認されている医薬品自体がないため認可されているジェネリック医薬品もないということになります。
    主なミノキシジルのジェネリック医薬品としてはロニテンのジェネリックであるミノキシジルタブレットやロゲインの激安ジェネリック医薬品として知られるカークランドなどがあり、中身については正規のものと全く同じですが比較すると安く購入することが可能です。

    こうしたジェネリック医薬品についてはまだ日本国内ではあまり流通していませんので、出回るかどうかはこれからの展開次第といえます。
    もしもこうした医薬品を輸入して購入したいと考える場合には、必ず事前に輸入を代行してくれる業者の評判を調べておくようにしましょう。
    これは、取り扱っている商品の中には偽物が流通している可能性があるためでトラブルになったとしても自己責任となっているためです。

    使用している医薬品にもしも不安があるのであれば、事前に医師と相談してできれば正規のミノキシジルを配合する医薬品を処方してもらったほうが安全といえます。
    ミノキシジルを配合する医薬品には副作用も存在するため、副作用による症状が強く出た場合や薬が合わなくなった場合においては使用を中止して医師に診てもらうようにしましょう。
    内臓の病気を持っている人にとっては使用できない例もありますので注意が必要です。

    ミノキシジルはM字ハゲに効果あり!

    M字ハゲとは、髪と額の境目の部分である生え際が剃り込みのようになってはげていった状態のことです。
    知らないうちに生え際が後退していくため、気づいたらM字ハゲが進行してしまう可能性もあり初期脱毛のうちに対策しなければなりません。

    ミノキシジルを配合する医薬品は、M字ハゲに効果があるのかどうかを気にする人は多いでしょう。
    結論としては、効果がある商品はあります。
    ただ商品にもより、塗るタイプの育毛剤などについてはあまり効果を感じられるわけではありません。
    そのため、M字ハゲにミノキシジルが効かないということも一部ではいわれています。

    一方飲むタイプのものは血行を促進させる効果が大きく、M字ハゲ対策についても効果が認められているため生え際を気にする人にとってはミノキシジルを配合した内服薬を利用することで解決することが可能といえます。
    ただ、用法用量についてはきちんと守っていき副作用については観察する必要があることはいえるでしょう。

    ミノキシジルの注意事項とは

    注意事項としては、まず飲む期間については最低でも3ヶ月くらいは継続して飲んでいくようにしましょう。
    飲むタイプの医薬品でAGAの治療に取り組むときには、治療を始めた時期に一時的に抜け毛が増えることがあります。
    これには薬の作用とヘアサイクルに関わりがあり髪には成長期・退行期・休止期の3段階のヘアサイクルが存在します。

    ミノキシジルによる血管拡張作用から髪に必要な成分が毛髪に届けられると毛母細胞の分裂をサポートします。
    そうすると休止期にあたる髪の根元では新しい髪の毛母細胞が細胞分裂を盛んに行うようになり、休止期にある髪がどんどん押し出されて抜けていきます。
    ヘアサイクルを正常化させるにあたって起こる一時的な現象ですので、この時期で勘違いして使用するのをやめてしまわないようにすることが重要です。

    もう一つの注意事項としては、飲むタイプのものについては特に摂取量が統一されているわけではないという点であり服用する人の状態に応じた服用量が存在します。
    本来は、医師による処方によって適切な量が決まっている医薬品です。
    安易な判断で過剰摂取してしまうと副作用の懸念が強まってしまう可能性があるため過剰摂取については控えるようにしましょう。
    初めて使用するときには、1日2.5mgを上限として2.5mgの配合量の商品のものを摂取することでトラブル防止になります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ